な を つける
 






鳴佳さんの画像をPC内から発掘したので。
まだ今年の1月なんですが、既に超懐かしい。

今は金髪ウィッグばかり被せてますが、
お迎えセレモニーは赤髪でやったんですよね…
懐かしいというか凄い違和感。

まあ何が一番違和感かっていうと
背景と洋服のミスマッチ具合な気もしますがw


因みにこの画像はM様提供の。



*


以下、どうでもいい独り言。



・会社の某上司さんにいきなり「ゴスロリ」と呼ばれた
・何故 ば れ て い る 
・別に隠してないですけどね
・「友達がピンクやろ?」
・あれ、相方?
・むしろ最近は私がピンク
・ジャンル的には年増ロリ
・仕返しに『私服も仕事着もチンピラ臭しますよね』って言ってやった
・ついでに『豆腐メンタルですよね!』って笑顔で言ってやった
・とても楽しい職場です




あと名付けに関しての呟き。
つらつら書きすぎたので以下、折りたたみ。


 


我が家には現在8体のお人形さんが居ます。

メーカーや大きさはバラバラですが
それぞれに名前が付いています。


ちゃんとした由来があったり、
雰囲気やらノリでつけたりと様々ですが
一応、その子に合うような名前を
足りない頭をひねりひねりして
頑張って付けております


友人や相方に手伝ってもらったりもしますが!笑


以下、うちのこたちの名前


・縁(ヨスガ)

・紫暮(シグレ)

・凛太郎(リンタロウ)

・美翠(ミドリ)

・一陽(カズヒ)

・千影(チカゲ)

・鳴佳(ナリカ)

・甘哉(アマヤ)



出来るだけ「日常生活でギリギリなさそうな名前」をモットーに付けてます。
すんごいコッテコテで突飛な名前も好きなのですが、
『所詮、うちのこ』なんで気恥ずかしいのです(笑)
…凛太郎とか千影は普通に居そうだけど。


個人的には「一陽」で「カズヒ」と読ませるのは気に入っています。
いっそ自分のこどもに付けてもいいくらいのレベルで←


完璧に名付けた後に知ったんですが、
『一陽来復(いちようらいふく)』って言葉があるそうですね。
「冬が終わり春がくること」だったり
「悪いことが続いた後に幸運に向かうこと」っていう意味があるらしくて
4月お迎えの一陽にぴったりで思わず感動しましたw




相方のうちの子のような「色+めでたい漢字」という縛りはないのですが、
テヤンとプーリップは最初の文字の母音を「イ」にする!というのは決めてました。
ほんのり統一感出したくて。


最初の文字の母音って思ってたより大事なんですよー!
なんていうかイメージがガラッと変わるんですよね…
うまいこと説明はできませんが。


次にお迎えする子は一文字目の母音を『ウ』か『エ』にする予定です。
何故なら母音が『ウ』『エ』の子が居ないからw


でも将来的に「ミツル」という名前の子が増える予定なので、
我が家はこれ以上に「イ」音に偏りますけどね←











なんでこんな話をするかというと
増える予定があるからです







大破産ですよこんちくしょー!!
鳴佳(F-16) comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lilac-lilac.lilac.jellybean.jp/trackback/36
<< NEW | TOP | OLD>>